カードキャッシングは、手軽ですがその分リスクが高いと思います。
金利にしても銀行ローンに比べ何倍も高いです。
10万円借りたら年間2万円近くを金利として払うわけですからとても無駄なお金です。
理解していても使ってしまうのは依存症だと思います。
アルコールや、ギャンブルと同じで病気なのではないかと思います。

私自身気が付けばクレジットカードのキャッシング枠だけでは、足りなくな消費者金融のカードまで手を出してしまいどうにもならなくなりました。
きちんと会社に勤めていて返済も自転車操業であってもしていれば、限度額もあがり返済不能になってしまいます。
行きいつくところまでいって破産や、両親に迷惑をかけてしまう事がわかっているのに辞められないのがお金の魔力かなと思います。
キャッシュディスペンサーから出てくるお金をみて自分のお金のよう思え、借りていると言う自覚がなくなっていくのです。
とてもつらい経験をしたにも関わらずいまだにお金を借りることを辞められない自分がみじめに思います。